【日本橋①070】新葭町

町番号:日本橋①070

町名:新葭町

読み方:しんよしちょう Shin-Yoshichō

区分:町丁

起立:1869(明治2)年

廃止:1933(昭和8)年

冠称:なし

現町名:中央区日本橋人形町一、三丁目、日本橋小網町

概要:1869(明治2)年、八町河岸の1つであった堀江六軒町甚左衛門町が合併してできた町。東堀留川の河岸地があり、里俗名を「芳町河岸」といった。江戸時代の町内には浄瑠璃半太夫節で有名な江戸半太郎の居宅や、料理屋の豊田屋、桜井等があった。

慶応4年版の『よし町五軒組男口入所』の摺り物によると、江戸期から奉公人の口入屋が多く、明治期にも千束屋、大坂屋等6軒の周旋業者がいた。また、東の親父橋から人形町へ通ずる俗称「親父橋通り」は歩道と車道が分けられ、両側に柳を植えたという(画報)。1872(明治5)年の戸数85・人口323(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府日本橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市日本橋区に所属。

1933(昭和8)年、帝都復興計画の一環により、芳町一・二丁目、小網町二丁目のそれぞれに編入となり消滅。現在の中央区日本橋人形町一、三丁目、日本橋小網町のうち。

※本文に「八町河岸」とあるが、本船町伊勢町小網町小舟町八軒町堀留町堀江町及び堀江六軒町の8町には米問屋が集まっており、「河岸八町」と呼ばれていたが、そのことか。

撮影場所:新葭町

撮影地:中央区日本橋小網町16番18号(居酒屋かくれんぼ)

←069芳町 071住吉町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目