【芝①075】下高輪町

町番号:芝①075

町名:下高輪町

読み方:しもたかなわまち Shimo-Takanawamachi

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1967(昭和42)年6月30日

冠称:1947(昭和22)年3月15日から「芝」

現町名:港区高輪三丁目14~23番の一部

概要:江戸期は荏原郡麻布領のうちで幕府領。南は北品川宿、北は上高輪町芝伊皿子町に接す(新編武蔵)。『田園簿』の石高は190石余、うち畑地157石余。『元禄郷帳』では201石余、『天保郷帳』では173石余。『新編武蔵』では下高輪村とある。寛文年間(1661~1672年)までに8万239坪の地が日蓮宗長祐山承教寺、浄土真宗護念山証誠寺、海徳寺等と奥平氏、浅野氏、松平氏等諸大名の御用地となる(新編武蔵)。

領域内を東海道が通り、1713(正徳3)年、街道沿いの43石余の地が町奉行支配に属し、高輪北町高輪中町高輪南町高輪北横町高輪台町高輪小台町と常光寺、国昌寺、証誠寺、保安寺、知将院の5門前町となる(新編武蔵)。年寄与蔵の先祖田中但馬安泰は新田家支流と伝え、この地を開墾し、屋号を「高輪屋」と称したという。また町内には松平采女正、有頭玄蕃頭、松平豊後守等の抱屋敷があった他、小名洞の地に3体の石像からなる庚申塚があった。化政期(1804~1830年)の家数122軒(新編武蔵)。東禅寺と安泰寺の間の坂下の窪地を「ぼら」と俗称(洞横町(鯔横町)を参照のこと)。東禅寺は幕末の安政(1854~1860年)~文久年間(1861~1864年)頃、英国公使館が置かれ、境内には10ヶ所の番所が設けられたという。1861(文久元)年、水戸浪士14人が乱入し、英人2名を傷付けた事件が起こっている。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数108・人口348(府志料)。1869(明治2)年~1872(明治5)年、町内の町奉行支配に属した5町・5門前は、高輪北町高輪南町高輪台町芝二本榎(町)二丁目となる。

残余の下高輪町は1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。同年一部が高輪北町に合併。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。1908(明治41)年の世帯104・人口524。1943(昭和18)年7月1日、東京都芝区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

1967(昭和42)年7月1日、住居表示の実施により、現行の高輪三丁目14~23番の一部となり消滅。

撮影場所:下高輪町

撮影地:港区高輪三丁目18番18号(港区立高輪公園東側)

←074本芝入横町 076高輪南町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿