【浅草①090】浅草千束町

町番号:浅草①090

町名:浅草千束町 一~三丁目

読み方:あさくさせんぞくまち Asakusa-Senzokumachi

区分:町丁

起立:1891(明治24)年

廃止:存続 「千束」として

冠称:1911(明治44)年5月1日から1947(昭和22)年3月14日までを除く期間と1966(昭和41)年9月30日まで「浅草」

現町名:台東区千束一~三丁目、浅草二~五丁目、西浅草三丁目

概要:「千束」の地名は大変古くからあり、室町時代初期からこの辺り一帯を「千束郷」と称していた。そしていつの頃からか村になった。江戸時代には、既に千束村として文献に登場する。当時の村域は、石浜、金杉まで及んでいたという。1889(明治22)年5月1日、東京に市制が施行されたのに伴い、千束村は浅草区に合併された。次いで1891(明治24)年、千束村字新田、坂本村字向田の一部と飛地が一丁目、千束村字槐戸(さいかちど)、施無畏裏(せむいうら)、梅ヶ枝、浅間下が二・三丁目となって成立。

町名は、地名の「千束」に因んで命名されたという。「千束」という地名の由来は、一般に「稲千束」に因むといわれている。この地が古くから田地であったため、稲千束や千束分の稲田等、田や稲に結びつけて付されたものと考えられている。また、千束分の稲田を寺領としたことに起こったとも、千僧供の転訛ともいわれる(地名辞書)。

なお、浅草千束二丁目には、明治・大正の東京人に親しまれた凌雲閣(通称「十二階」)をはじめ、料理屋、貸席、芸妓屋、待合、銘酒屋(通称「十二階下の私娼街」)、楊弓場、新聞縦覧所、宮戸座(1896(明治29)年開場)等で賑わい、三丁目には「浅草のお富士さん」の通称で親しまれた浅間神社があった(浅草五丁目に現存)。

帝都復興計画の一環により、1934(昭和9)年に二丁目の一部が象潟一丁目の一部に、三丁目の一部が馬道三丁目、象潟三丁目の各一部に、1936(昭和11)年には一丁目の一部が芝崎町三丁目、三丁目の一部が日本堤一丁目の一部に編入となる。1943(昭和18)年7月1日、東京都浅草区に所属。その際、一丁目の北側一部を千束町一丁目として下谷区に移した。1947(昭和22)年3月15日、東京都台東区に所属。

住居表示の実施により、1965(昭和40)年8月1日に、浅草千束町二丁目の一部が浅草二丁目の一部に編入となり、浅草新谷町、浅草千束町一丁目を千束一丁目に、龍泉寺町、千束町一丁目、光月町、浅草千束町一丁目を千束二丁目に、1966(昭和41)年10月1日には、浅草千束町二丁目の一部が浅草三丁目の一部に、浅草千束町一・二丁目の各一部が浅草四丁目の一部に、浅草千束町二・三丁目の各一部が浅草五丁目の一部に編入となり、浅草千束町一・二丁目、龍泉寺町浅草新吉原京町一・二丁目の各一部を千束三丁目に、浅草新吉原江戸町一・二丁目の全部、浅草新吉原揚屋町の全部、浅草新吉原角町の全部、浅草新吉原京町一・二丁目、浅草日本堤二・三丁目の各一部を千束四丁目に再編。


なお、そもそもの「千束」について以下に詳述する。

「千束郷」は鎌倉~戦国期に見える郷村名。豊島郡のうち。1315(正和4)年7月8日、『北条随時奉書』に「武蔵国千束郷田在家之事」とあり、江戸弥太郎が千束郷を抑留したのを重通が訴えたのに対し、幕府が弥太郎に出府を命じている(国会図書館所蔵文書)。南北朝期には江戸氏の惣領、或いは惣領家に近い一族が領有していた。1346(貞和2)年3月20日、『左衛門尉経祐施行状案』(武文)には「当国千束郷内田畑屋敷之事」と見え、千束郷をめぐる江戸氏の内紛が続いており、1347(貞和3)年によってようやく決着した(江戸氏の研究)。1346(貞和2)年9月8日の『鎌倉公方(足利義詮)御教書』にある石浜・墨田波(すんだば)、鳥越の3ヶ村は同じ内容を扱っていることからみて、千束郷のうちであったと思われる。また、金龍山浅草寺の所在地も千束郷内であったことが1387(至徳4)年の『浅草寺銅鐘銘』(新編武蔵)に「日本国武州豊嶋郡千束郷金龍山浅草寺洪鐘銘并序」と見えることから判る。また、1418(応永25)年12月13日付の古河公方足利持氏寄進状に武蔵国豊嶋郡千束郷の鳥越村、浅草村等の内の田畠・在家を武州西雲寺に寄進したとある(神田孝平氏旧蔵文書/神奈川県史)。戦国期には『役帳』に島津弥七郎27貫700文「江戸千束之内近藤分」、飯倉弾正忠11貫280文「千束内金杉分」、太田大膳亮衆6貫685文「千束石浜惣領分」、同衆29貫文「千束南原」、太田新六郎6貫200文「千束内3戸分」、15貫400文「千束石浜土屋分」、16貫290文「千束内阿佐谷同人分」、江戸番匠4貫290文「千束内朝倉分」と見える。江戸期の浅草・下谷の一帯にあたる。

「千束村」とは、豊島郡峡田領のうち、浅草寺領。室町初期には「千束郷」と称した地。1685(貞享2)年6月11日の浅草寺朱印文書に「武蔵国豊島郡千束村五百石」と見える(台東区史)。当村は早くから町場化が進み、浅草山之宿町浅草花川戸町浅草材木町の在方分を「内千束」、日本堤外の浅草橋場町浅草今戸町下谷三ノ輪町浅草山谷町の在方分を「外千束」といった(東京近郊名所図会)。『田園簿』、『元禄郷帳』には村名の記載はなく、『天保郷帳』には嘗ては浅草山之宿町として「千束村五百石」とある。『旧高旧領』では346石余。1869(明治2)~1874(明治7)年、内千束は「千束村」、外千束は「千束村百姓地」と改称(案内、画報、府志料)。1872(明治5)年の戸数139・人口609(府志料)。1868(明治元)年、東京府に所属。

1878(明治11)年11月2日、東京府北豊島郡に所属。1889(明治22)年5月1日、字大門脇耕地、西脇地の水路以北が北豊島郡南千住町と下谷区に、残余は浅草区にそれぞれ編入された。1891(明治24)年までに浅草千束町一~三丁目及び南千住町大字下谷龍泉寺町の一部となる。また千束村百姓地は1891(明治24)年、浅草町浅草田中町に分割編入され消滅。

撮影場所:浅草千束町二丁目

撮影地:台東区千束三丁目20番2号(吉原弁財天本宮)

←089新吉原京町 091浅草玉姫町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿